記事一覧

ナンパを始めるにあたって必要なマインド

ナンパを始める(女性関係)にあたって最初に必要なのは『勇気』だ。



ナンパの世界に入ると決意する。


女の子に声をかける、女の子に触れる、女の子を誘うなど非モテ出身の僕からしたら全部正直怖かった。



というのが『断られる=自分が受け入れられない=自分が否定される』感覚だったから怖かったのだ。



拒絶されるのを必要以上に恐れていた。拒絶される自分が嫌なのだ。

拒絶される自分を、自分自身が受け入れたくないのだ。




まぁ振り返ると拒絶されるイメージを持つ時点で完全に非モテ思考だが。。。




僕はこの世界に入るまで、女の子をデートには誘うことができた。

しかし、そこから先は進展しなかった。
(だから30歳まで経験人数が2人しかいなかった、、、)




なぜなら自分から次のステージに進む為のアクションを取らなかったからだ。





『付き合って欲しい。』





ナンパを始める前、この文字で表すと物凄く簡単な一言が言えなかったのだ。




長々としたルーチン的なグダ崩しトークではなく、この簡単な一言が言えずにいた。

(付き合って欲しい、とかナンパ始めて半年くらい言ってましたw今は面倒臭いのでそんなことは一切言いませんが。。)




男女関係は例外除きほぼ全て男が主導権を握り進めなければならないと思ってる。


女性主導でセックスへ誘導されることはほぼ皆無だからだ。


関係を先に進ませる為の言葉、アクションを男から起こさらないと次にすすまない。






それではこの勇気をつけるにはどうすれば良いか?




答えは経験、場慣れしかない。




経験や場慣れが自分のマインドを作るし、別の言い方をすると感覚が壊れてくる。(別に他にも女の子なんて沢山いるしみたいな)







僕はナンパを始めて何回も何回も拒絶されてきた。






街に出て声を掛けてガンシカの数は数知れず。罵声も数回浴びた。アポも何度も負けた。しかしこの数えきれないアクションがマインドを育ててくれた。





気付けば今は女の子に声をかけるのも、誘うのも『勇気』が必要ではなくなった。





今からナンパをしようとする人も、好きな人にアプローチする人も勇気を持って一歩踏み出して欲しい。




一歩踏み出す勇気がないと、自分が求める関係に辿り着けないのだから。





end..
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント