記事一覧

ドキドキの大阪遠征の始まり前編


『あなたは私になるのよ!!私のからだには宇宙生命がもう何倍も何十倍もはいっています。あなたもそれにくわわるんです。さぁいらっしゃいマサト 私の中に飛び込んで!!』
火の鳥ボットより





思い起こせば数ヶ月前、ウラックさんが架け橋になっていただき火の鳥さんと知り合うことになった。





遠征一週間前。





DMがくる。





火の鳥さん『金曜空いてますか?役人さんと飯いきましょ!』
しゅん『大丈夫です!お願いします!』





役人さん、火の鳥さんに聞きたいことをまとめていく。




福岡背広会グループラインにも、御二方に聞きたいことがある?と投げかける。





自分は役人さん、火の鳥さんから色々吸収出来ることは間違いない。
けど自分から御二人に何か提供出来るものがあるのだろうか?




不安と期待を全身に抱えて新幹線に乗り込む。




--------------


ホテルにチェックインし少し時間があったのでホテルからクラブまで少し歩いてみる。
みんな言ってるがナンパは逆算が大事。



連れ出しが決まっても、もたもたしてると女の子の気持ちが冷めてしまう。


女の子の気持ちは一瞬の灯火だ。



大事に大事に持ち運ばないといけないと知らぬ間に消えてしまう。


スムーズにエスコートして気付いたら今日初めて会ったオトコとセックスしているストーリーを作るのは段取りが大切だ。





Uに着く。




ほたるくんと合流する。


ほたるくんとは先週、福岡で会ったばかりだ。
慣れない土地で知ってる顔を見て安心する。



ほたるくん『いやースト高バンゲしましたけど文面ミスりましたわー(u_u)』



見せてもらうけど大したミスではない。彼は恐らく完璧主義なんだろうか。




ナンパの細かいところにその人の性格が出るから面白い。



ほたるくん『連れ出し先は○○があそこらへん、コンコースはここですよ!』



細かく教えてもらう。



ほたるくん、ありがとな!
かなり助かりました!




少し時間があったので連れ出し先や土地勘付けつつ軽くストるか。





声かけするも、小声になってしまい声が届いてない。



おいおい、場所は違えどやってることは一緒だぞw


自分に対して失笑してしまう。




結局1時間半ほどやって1ラインゲットで終了。




少し疲れたのでカフェで休憩する。




ツイッターを開く。



火の鳥さん『すんません、役人さんこれなくなりました!かわりにアディオスが来ます!』




火の鳥さん『いま着きました!○○に来てください!』




役人さんとお会い出来ないのが残念だったがアディオスさんにお会い出来ることに胸が踊る。





深く深呼吸し目的地へ向かう。
胸の鼓動を感じながら。





待ち合わせ場所に到着する。




火の鳥さんと、そこにはイーサンさんとツチノコさんの姿が。



まさかのサプライズにビックリ。




3人とも魅力的な人だと一瞬で分かる。




火の鳥さん『いやー8日連続で新規抱いてるのでキツイっすわーw』



けどエネルギッシュな雰囲気を漂わせている。



火の鳥さん『飯いきましょ!』




某居酒屋in




会計中の2人組みの女の子に火の鳥さん声かけ。



イーサンさん、ツチノコさんも加わりあっさり連れ出しw



後ろでポカんとする、しゅんw



これが大阪かww


エゲツないなw



すぐにアディオスさんも加わり男5人、女2人で居酒屋いん。



なんやこのカオスな感じw
大阪では日常なんかなw




ツチノコさん『7人いるから7pかー。悪くないなー。』



アディさん『この前知り合った女、騎乗位ならなくてさー』



イーサンさん『彼(しゅん)のチ○コ、デカビタみたいやで!根っこ太くて先っちょ、こんくらいしかない!』




どんどんブッコムなwww



途中、ツチノコさん退席、火の鳥さん退席



女性陣「えっいつもこんなスタイルなん?」



男性陣「俺達好きな時に帰るスタイルなんだ!」



どんなスタイルやw




〜ピローン〜
ラインがくる。


あいわなさん『先に飲んでますね!』




しゅん退席




カオスな大阪遠征初日前編が終わった。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント